蛇口の種類は?

蛇口には大きく分けて3種類あります。

その種類というのが「台付/ワンホール」「台付/ツーホール」「壁付」です。

台付/ワンホールというのは蛇口が台に設置されているタイプの事で、水栓取り付け穴は一つだけです。

混合栓と言われています。お湯と水をレバー位置でコントロールしながら使うタイプになります。

台付/ツーホールというのはワンホールタイプと同じように台に設置されているタイプですが、水栓取り付け穴が2つあります。

お湯と水が完全にわかれているタイプで、レバーを左右に移動させる事でお湯と水を使い分けられるようになっています。

壁付というのは蛇口が台ではなく壁に取り付けられているタイプになります。壁面に穴を2つあける必要があります。

このタイプもお湯と水が完全にわかれているので、レバーで操作をします。

これらの種類の中に色んな形があり、シャワー型と言われる吐水口が曲がるタイプがあります。

これはホースのように引き伸ばして使うタイプと、吐水口がそのまま曲がるようになっているタイプとあり、シンクを隅々まで洗う時などにとても便利です。

また、センサーで感知するタイプもあり、これは手を触れなくても水を出すことができるものです。

センサー部分に手をかざすと、反応して水を出してくれるため、料理中などで汚れている手でレバーを操作しなくても良くなります。

衛生面を考えるとこれも良さそうです。

迷いますね。

一昔前のキッチンはとにかく不便!

こんにちは~専業主婦のマミです。
今のキッチンを使い始めて早10年!意外と丈夫です(笑)

でもですね、このたび家を全面リフォームすることになりました♪

なので当然キッチンもその1つです、嬉しくて仕方ありません。なぜならウチのキッチンって不便すぎて毎回イライラしちゃってました。

まず収納が不便過ぎます!
両開きの扉なので面倒なんですよね~。デッドスペースだらけですし・・・
システムキッチンの場合は、引き出すタイプのキャビネットなんです。スマートにお皿など収納できそうです!

あとウチのは、シンクもなんだか浅いんですよね(泣)。だから水がハネて床が濡れちゃいます!
どうやら最新のシンクって静音設計らしいですね。たしかに水の音って意外と大きいですし、料理しながら家族と会話も難しいです。

そして水栓に関してもウチのは一昔前のものです。
シングルレバーなんですが、水を出すとき下に押すんですよ(笑)
今は上に押して水を流すのが主流です。どうやら防災対策らしいですね。このままだと地震とかでモノがレバーの上に乗っかると水浸しに!スグにでも変更したいです。

他にもレンジフードの換気扇の音もウルサイですし…色々言い出したらキリがありません。

やっぱりシステムキッチンに大幅にリフォームするしかないですね!
キッチンの種類の話などはまた次回に取っておきます♪