キッチンリフォームにかかる費用の相場は?

システムキッチンに変えようと思った時、その費用はやはり気になる所だと思います。

そこでキッチンのリフォームからやるって決めた私は費用に関して調べてみました。

まず、キッチン自体のリフォームではなく、ガスコンロなどを変更するためにかかる費用は安くて10万円からで、高くても30万円くらいで収まるようです。

キッチン自体を変更するわけではない為、こんなものかなって思います。

では、キッチン自体を変更する場合はどうでしょうか?

一般的にシンプルなI型キッチンへのリフォームの相場は50万円とか75万円とかくらいから、高くて110万円くらいのようです。

100万円を超える場合、床の張り替えやガス、水道などを通しなおしたりしないといけないような大改修でかかるようです。

なので、キッチンの場所自体は変えず、今使っているものから新しいものへの変更だけならそこまでの費用は掛からないみたいですね。

これがL型になると費用もそれなりに高くなって、安くて88万円からが相場になります。

キッチンの形を今使っているものから変更する場合、L型のキッチンを置く為の内装工事をしないといけない事もあるので、そういった事を加味しての値段なんだと思います。

これがアイランド型やU型などの特殊な形になればなるほど初期費用は高くなっていきます。

アイランド型だと111万円が最低ラインみたいです。

キッチンリフォームに関して調べていたら、私の住んでいる地域で一つのサイトがヒットしました。

リフォッチっていうサイトなんですが、日本全国のキッチンリフォーム会社を個別のページで紹介していて、キッチンリフォームに関しての情報もいくつかありました。

キッチンリフォームのわからない事を調べるのにも良いですし、自分が住んでいる地域のリフォーム業者を調べるのにも使えると思います。

是非参考にしてみてください。

キッチンリフォームにかかる期間はどれくらいなのか

キッチンリフォームでのキッチンの種類や蛇口の種類はわかりましたけど、実際工事を開始したらどれくらいの日数がかかるのでしょうか?

それも調べてみました。

まず、そのままレイアウトを変更しないで新しいキッチンの取り換えるだけなら1日~2日くらいで完了します。

長くかかっても平均的には3日~4日くらいです。

ただ、これは元々キッチンがあった場所を変更せずに新しいものと交換した場合なので、レイアウトを変更しようと思ったらもっと期間はかかります。

大体1日目に解体と養生を行い、2日目に電気や配管の工事と大工工事。3日目にキッチンの工事を行い、最終日に配管を工事して完了となります。

配管工事は設置してその日に行ってくれる場合もあるので、3日で完了する事もあります。

ただ、レイアウトを変更しようとした場合は、平均1週間くらいはかかる事になります。

2日目までは工事日程は変わりませんが、3日目に壁の張り替え工事が入ります。4日目に床の張り替えを行って、5日目にやっとキッチンの設置を行います。

そしてなか2日分はお休みになり、最終日の8日目に配管工事をして完了です。

1週間以上かかるような工事の場合はなか2日は必ずお休みになるので、作業だけで言えば6日くらいですかね。

キッチンの場所自体を完全に移動させたいとなった場合はLDK全体の工事をしなくてはいけないので、最長で1ヶ月くらいはかかってしまう事になります。

今あるキッチンの場所内で多少の移動をさせるくらいならそこまで期間もかかる事はないようです。

これくらいなら仮住居に一時的に移動するレベルではないので、住みながらできそうです。

蛇口の種類は?

蛇口には大きく分けて3種類あります。

その種類というのが「台付/ワンホール」「台付/ツーホール」「壁付」です。

台付/ワンホールというのは蛇口が台に設置されているタイプの事で、水栓取り付け穴は一つだけです。

混合栓と言われています。お湯と水をレバー位置でコントロールしながら使うタイプになります。

台付/ツーホールというのはワンホールタイプと同じように台に設置されているタイプですが、水栓取り付け穴が2つあります。

お湯と水が完全にわかれているタイプで、レバーを左右に移動させる事でお湯と水を使い分けられるようになっています。

壁付というのは蛇口が台ではなく壁に取り付けられているタイプになります。壁面に穴を2つあける必要があります。

このタイプもお湯と水が完全にわかれているので、レバーで操作をします。

これらの種類の中に色んな形があり、シャワー型と言われる吐水口が曲がるタイプがあります。

これはホースのように引き伸ばして使うタイプと、吐水口がそのまま曲がるようになっているタイプとあり、シンクを隅々まで洗う時などにとても便利です。

また、センサーで感知するタイプもあり、これは手を触れなくても水を出すことができるものです。

センサー部分に手をかざすと、反応して水を出してくれるため、料理中などで汚れている手でレバーを操作しなくても良くなります。

衛生面を考えるとこれも良さそうです。

迷いますね。

キッチンの種類はどれくらいあるの?

キッチンの種類を調べていると結構多いことにびっくりしました。

まず、有名なのはシステムキッチンとセクショナルキッチンというものがあるんだそうです。

システムキッチンはよく聞くし、むしろ聞かない事がないのでわかる人も多いと思いますが、天板が一枚でできていてつなぎ目がないものの事を言います。

対して、セクショナルキッチンはそれぞれが分割されていて、別々のものを組み合わせてできているキッチンの事です。

キッチンの種類はこれだけならとても分かりやすいんですが、そうじゃなかったんですよね。

システムキッチンにもオープンキッチンとクローズキッチンというものがあります。

オープンキッチンは対面キッチンの事で、キッチンで作業をしている時にダイニングやリビングが見渡せるようになっているものの事を言います。

開放感があり、日当たりが良ければ明るいのでほとんどの方がこのキッチンを選ぶんだそうです。

対してクローズキッチンは、キッチンの周りが壁で覆われているので、キッチンで作業している様子がわからないようになっています。

キッチンは汚れやすく、来客があった時にあまり見られたくない人はこのタイプを選ぶんだそうです。しかし、キッチンで作業している時にリビングなどが見渡せないのがデメリットですね。

また、オープンキッチンには壁に接しているタイプのものとアイランド型と言われる壁に接していないタイプの2つがあります。

アイランド型は開放感があり、遮るものがないので空間を広く使う事ができるのが最大のメリットです。

さらに、壁に接しているキッチンにはI型、U型、L型などの形があり、それぞれにメリットがあるので、どれがいいのか迷いますね。

一昔前のキッチンはとにかく不便!

こんにちは~専業主婦のマミです。
今のキッチンを使い始めて早10年!意外と丈夫です(笑)

でもですね、このたび家を全面リフォームすることになりました♪

なので当然キッチンもその1つです、嬉しくて仕方ありません。なぜならウチのキッチンって不便すぎて毎回イライラしちゃってました。

まず収納が不便過ぎます!
両開きの扉なので面倒なんですよね~。デッドスペースだらけですし・・・
システムキッチンの場合は、引き出すタイプのキャビネットなんです。スマートにお皿など収納できそうです!

あとウチのは、シンクもなんだか浅いんですよね(泣)。だから水がハネて床が濡れちゃいます!
どうやら最新のシンクって静音設計らしいですね。たしかに水の音って意外と大きいですし、料理しながら家族と会話も難しいです。

そして水栓に関してもウチのは一昔前のものです。
シングルレバーなんですが、水を出すとき下に押すんですよ(笑)
今は上に押して水を流すのが主流です。どうやら防災対策らしいですね。このままだと地震とかでモノがレバーの上に乗っかると水浸しに!スグにでも変更したいです。

他にもレンジフードの換気扇の音もウルサイですし…色々言い出したらキリがありません。

やっぱりシステムキッチンに大幅にリフォームするしかないですね!
キッチンの種類の話などはまた次回に取っておきます♪